« トム・ヨーク 『The Eraser』 | トップページ | 『Revenge of the King』 Kula Shaker »

2006年7月18日 (火)

きっかけはタモリ倶楽部-at the drive-in

アンソロジー:ディス・ステーション・イズ・ノンオペレーショナル(DVD付) Relationship of Command

 最近、久々にat the drive-inのアンソロジー盤『THIS STATION IS NON-OPERATIONAL』を聴いている。今となっては、THE MARS VOLTAが大成功して、そっちの方が知ってる人が多いと思うけど、at the drive-inもすごい良いです。と言うか、僕はat the drive-inの方が好き。このバンドはメジャーデビュー盤の『Relationship of Command』のリリースを最後にTHE MARS VOLTAとSPARTAに分裂。(アンソロジーのライナーノーツやネットでのSPARTA紹介を読むと、「空中分解」、「休業中」といった表現をしているので、解散ではないのか?)その後は、アンソロジーが昨年リリースされたのみ。

 彼らの存在自体は、『Relationship of Command』のリリース直前の2000年のサマーソニックの特集番組で知っていたのだが、あんまりちゃんと見てなくて、「アフロが二人もいる」ぐらいの印象しかなかった。今思えば、かなりの馬鹿だ。俺のアホ。彼らの貴重な日本でのライブ映像をちゃんと見とけば良かった。その後、友達に勧められていたにもかかわらず、特に関心を持つこともなかったのだが、タモリ倶楽部の空耳アワーで、偶然、彼らの曲を聴き、自分の愚かさに初めて気づく。ちなみに、「sleepwalk capsules」という曲で、「ど、ど、ど、ど、童貞ちゃうわっ!」と聞こえる空耳。ありがとう、タモリ倶楽部。そんな訳で、僕は分裂後に初めて『Relationship of Command』を聴いた。日本盤が欲しかったのに、輸入盤しかなくて、あきらめて輸入盤を購入。当時は、レコード会社の閉鎖で、日本盤が絶版状態だったことをついさっき知った…。(ちなみに、今では日本盤もリイシューされているらしい。)

 まぁ、そんなことはどうでも良くて、『Relationship of Command』は凄まじいアルバムです。エネルギーが爆発してます。そう言うと、ただうるさいだけの勢いまかせなアルバムを連想されるかもしれないけれど、決してそんなことはなく、アレンジや音作りが実に緻密。曲の構成も、後のTHE MARS VOLTAの源流とも思える展開が垣間見える。1曲目のイントロは、聴き手をこのアルバムにぐいぐいと引き込んでいく。素晴らしいオープニング。そして、セドリックの声がした瞬間に最初の爆撃。ここまでで聴けば、このアルバムの「凄さ」は十分に感じることが出来る。その後は、絨毯爆撃の嵐。気付けばアルバムが終わってしまっている。ただの勢いだけであれば、実にくだらないアルバムだが、前述したように、アレンジ、音作り、構成が実に緻密であるため、聴き応えがあり、飽きない。

 正直、こんな凄いバンドが分裂してしまったというのは、めちゃくちゃ惜しい。もっとat the drive-inにリアルタイムで触れたかった。こんなこと言っててもしょうがないんだけど…。

 ちなみに、アンソロジーのタイトル『THIS STATION IS NON-OPERATIONAL』は「One Armed Scissor」の歌詞から抜粋したフレーズであることに、さっき気付いた。めっちゃ蛇足。

|

« トム・ヨーク 『The Eraser』 | トップページ | 『Revenge of the King』 Kula Shaker »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62995/2709676

この記事へのトラックバック一覧です: きっかけはタモリ倶楽部-at the drive-in:

« トム・ヨーク 『The Eraser』 | トップページ | 『Revenge of the King』 Kula Shaker »