« 本質と相容れなかった方向性(Rage Against The Machine) | トップページ | 床屋 »

2008年2月10日 (日)

THE MUSIC、4年ぶりの新作を年内にリリース予定

 以前、そろそろかなぁと期待を込めた予想を書きましたが、どうやら予想が当たったようで、THE MUSICが新作のリリースを年内で予定しているそうです。ちなみに、ニュースソースはRO69なので、詳細はそちらで。

 そう言えば、前作リリース時のTHE MUSICのサマソニでのライブを見たのですが、そのライブは凄い印象に残っていて、それは何故かと言うと、ベースの音がおかしかったので、ちょうどベース側の前の方にいた僕はベースのスチュワートに注目していたのですが、どうやら指を負傷したらしく、一曲終える毎にスタッフとペンライトで指を照らして手当てっぽいことをしていたんですが、当然、ボーカルのロブもベースの不調に気付く訳で、スチュに対し中指突き立てたり、マイクのコードを首に巻きつけ首吊りのポーズを取ったり、スチュが持ち直すとOKサイン出したりするのを間近で見ていて、それが面白かったのと、“Bleed From Within”のエンディングのパーカッションをスチュが演った時に、ベースの不調によるフラストレーションを吐き出すように、最後にスティックを叩きつけて捨てる姿がカッコ良かったから。正直、メンバーで最も冴えない印象があったのですが、見直しました。あれはカッコ良かった。

 全く話は変わりますが、気付けば、今年に入って、まだRAGE AGAINST THE MACHINEの三作品セットしか買ってない。今月も特に購入予定もないし、来月もなさそう…。The Mars Voltaの『ゴリアテの混乱』聴いてみようかなぁ。もしくは、こないだ試聴したKOBAIか。どなたかオススメの新譜があれば、教えてください。と言っても、必ずしも聴くとは限らないので、悪しからず…。

|

« 本質と相容れなかった方向性(Rage Against The Machine) | トップページ | 床屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62995/10374922

この記事へのトラックバック一覧です: THE MUSIC、4年ぶりの新作を年内にリリース予定:

« 本質と相容れなかった方向性(Rage Against The Machine) | トップページ | 床屋 »