« 『ACCELERATE』R.E.M. | トップページ | COLDPLAYの新曲“ヴァイオレット・ヒル”を聴きました »

2008年4月22日 (火)

本村さんの記者会見

 光市母子殺害事件における判決に対する本村さんの記者会見を拝見しましたが、この方はこの9年間にほんとにたくさんのことを考えたんだろうなぁと、そう感じました。死刑の壁の高さ故に死刑とは何なのかということを考え抜いた。そんな内容の記者会見であったように思えます。

 理路整然と語る本村さんが唯一感情的に話しているように見えたのは、差戻し審の際に元少年が供述を変え、事実を認め反省する姿勢に徹しなかったこと、そして、その結果、死刑を回避出来る可能性を自ら失ったかもしれないことについて、残念でならないとの思いを語った時。この事件で元少年を含めた3人の社会的損失が発生したと語ったことと併せて考えると、最早、単純に元少年の死を望んでいるのではないという死刑を求刑する側としての複雑な心境や、どうすれば凶悪な犯罪を無くすことが出来るのか、そして、死刑の存廃を含め、そのための死刑のあり方について、この9年間、ずっと考えていたであろうことが垣間見えた。本村さんにとってこの9年間は、とても長く辛いものであっただろうと勝手に我々は察するが、本村さんが今日この心境に至るまでには、必要な時間であったのかもしれないとも僕は勝手に思ってしまった。その善し悪しについては、分からないけれど。

 いずれにせよ、今日の会見の本村さんの一言一言には大変な重みがあり、その言葉を前にして、我々の言う死刑の存廃など、所詮は他人事で戯言であると考えたけれども、「これを契機にどうすれば凶悪な犯罪を無くすことが出来るのかを社会全体が考えなければならない」という問題提起を我々は受け止め、他人事、戯言でないレベルで考えなければならないのだと、考えを改めるに至った。結論は出ないかもしれない。だが、考えることが大切なのだと思うから、考えたいと思う。

|

« 『ACCELERATE』R.E.M. | トップページ | COLDPLAYの新曲“ヴァイオレット・ヒル”を聴きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62995/20484355

この記事へのトラックバック一覧です: 本村さんの記者会見:

« 『ACCELERATE』R.E.M. | トップページ | COLDPLAYの新曲“ヴァイオレット・ヒル”を聴きました »