2007年11月12日 (月)

ニッポンの教養

爆笑問題のニッポンの教養 宇宙人はどこにいるのか? 惑星科学 (爆笑問題のニッポンの教養) Book 爆笑問題のニッポンの教養 宇宙人はどこにいるのか? 惑星科学 (爆笑問題のニッポンの教養)

著者:太田 光,田中 裕二,井田 茂
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「何か頭を刺激するような本が読みたい。」

 そんなことを考えながら、本屋さんをぶらぶらしていた時にたまたま見かけて購入。それまでは番組自体知らなかったが、NHKで放送中の「爆笑問題のニッポンの教養」が書籍化されたもので、番組の内容は、爆笑問題のお二人がある専門分野での実績のある教授など、様々な学者のもとを訪れ、その専門分野に沿って「学問」について語り合うといった内容で、今は6冊が発売されている。

 その6冊のうち、「宇宙人はどこにいるのか?(惑星科学)」、「生命のかたちお見せします(発生生物学)」を読み終え、今は「人間は動物である。ただし…(社会心理学)」を読んでいる。最初に読んだのは、「宇宙人はどこにいるのか?(惑星科学)」だった。

 「宇宙人はどこにいるのか?」 ここで紹介されている井田 茂先生は、惑星の誕生と形成を研究している惑星科学者。井田先生は、この本の中でサブタイトルである上記の問いに対し、惑星科学者としての見解を示しているだけではなく、宇宙、惑星の誕生~終焉の流れなど、宇宙について簡潔に説明してくれている。また、爆笑問題がそこから哲学的な内容にまで話を持っていって、そこが非常に面白かった。

 たまたまこの本を読み終えた直後に会った友人がしてくれた話だが、昔のフランス語の勉強は、フランス語の知識など全くない状態でフランス語の本をまる一冊訳すという方法だったらしく、正にそれが勉強だと思ったらしい。僕もそれを聞き、納得した。現在、日本における勉強とはプロセスの積み重ねであり、目的が見えない。「そんな勉強なんて我慢出来ない。目的に到達するためのプロセスとして学ぶことならば、出来る。」そう言う彼は、今、予備知識もなく原論を読み、そこから分からないところを紐解く方法で色々なことを勉強しているらしい。僕は彼に原論ではないが、この本にも学ぶ意欲を刺激すると紹介した。学ぶことへの入り口には最適だと思う。

 余談になるが、この本を読んでいて思い出したのは、僕も小さい頃、「無からどうやって宇宙が生まれたんだろう?」、「宇宙に終わりはあるんだろうか?」って考えて、自分には計り知ることの出来ないことに怖くなって、よく眠れなくなったりしたこと。そして、僕が子供の頃に「自分には分かる訳がない」と決め付けていたことに、真剣に挑んでいる大人がいることを目の当たりにして、自分が情けなくなった。生き方の姿勢が違う気がした。

次は「ヒトはなぜ死ぬのか?(生化学)」を読みたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)